NEWS

記事
ハ·ジウォンxソン・ドンイルxキム・ヒウォン、映画『担保(仮)』クランクアップ
2019.08.09

韓国の記事にジウォンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ハ·ジウォンxソン・ドンイルxキム・ヒウォン、映画『担保(仮)』クランクアップ

2019年下半期、劇場に心温まる感動をもたらす映画『担保(仮)』の撮影が終了した。

<中略>

映画『担保(仮)』は、荒くて無知な債権取り立て業者のドゥソクと、
踏み倒された金を受け取りに訪れたところ、
小さな女の子を担保として引き取ることになって繰り広げられるストーリー。
2010年、映画『ハーモニー 心をつなぐ歌』で心に染みるヒューマンドラマを演出し、
春史映画賞 新人監督賞を受賞し、
卓越した感覚を立証したカン・デギュ監督がメガホンを取った。
ここにハ·ジウォン、ソン·ドンイル、キム・ヒウォンなどジャンル問わず、
替えの利かない存在感を出している演技派俳優たちが加勢し、
映画に対する期待感を増幅させる。

<中略>

愉快な雰囲気の中、映画『担保(仮)』の最後の撮影を終えた俳優とスタッフは、
嬉しくも名残惜しい挨拶を交わした。
カン·デギュ監督は「これまで苦労してきた俳優とスタッフのおかげで
無事に撮影を終えることができた。
後半の作業もうまく仕上げていい映画を持ってくる」とし、
3ヵ月間、一緒にした俳優とスタッフに感謝の挨拶を伝えると同時に
監督としての抱負を明らかにした。

ソン·ドンイルは「素晴らしい俳優、スタッフたちと楽しく撮影をした。
映画『担保(仮)』が今年の冬、観客の心を暖かくしてくれる映画になると信じている」と
作品に対する自信を示した。

加えてハ·ジウォンは「先輩や後輩、同僚を問わず、全スタッフの呼吸が並外れていた。
皆がベストを尽くした作品なので、ぜひ期待してほしい」と特別な感想を伝えた。
キム・ヒウォンは「すべての方々に感謝し、特に多くのシーンを一緒に撮影した
ソン·ドンイル先輩に一番感謝している。先輩のおかげで撮影現場へ来ることが
楽しくて幸せだった。この雰囲気が観客にも伝わってほしい」と感想を述べた。

映画『担保(仮)』は2019年下半期に公開予定だ。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

Copyright 2014-2017 HAEWADAL ENTERTAINMENT & C MEDIA All Rights Reserved.

z[ gbv Xgɖ߂